2013年2月アーカイブ

かなり久々にアップルパイを作って見ました。
手の込んだケーキは大抵ケーキ屋さんのものを買うのですが(そっちの方が美味しかったりしますから!)、アップルパイだけはお店の味では満足しないんですよね。
こう書くと「どれだけアップルパイの名人なんだ!?」と思われてしまいそうですが決してそうではないんです。
好みがちょっと変わっているので、ケーキ屋さんのアップルパイではダメなんですよね。

ケーキ屋さんのアップルパイはパイ生地がサクサクなので、そこはとっても美味しくて大好きです。
でもリンゴを煮込んであるのがダメなんですよ。
と言ってもアップルパイって普通はリンゴを砂糖や洋酒と一緒に煮込んで作るものなんですけどね。
でも我が家の場合はリンゴは煮込みません。
薄めの一口大に切ったリンゴをパイ生地で包んで焼くだけです。
型を用意するのも面倒なので、一口大のパイを沢山作って鉄板に並べます。
後は表面にバターを塗って焼くだけです。
リンゴは加熱するだけで凄く甘くなるので、これだけで結構美味しいアップルパイになります。
甘く煮込まれたリンゴが好きな人には物足りないと思いますが私的には十分な甘さなんですよね。
このアップルパイは子供も喜んで食べてくれます。
ただ子供の場合は私と違い、ケーキ屋さんの普通のアップルパイも好きですけど。
子供はやっぱり甘い物が大好きですよね。

このアップルパイはいつもは市販のパイシートを買って来て作ります。
なのでリンゴを切ってパイに包んで焼くだけの超簡単アップルパイなんです。
でも今日は何となくですが自分でパイ生地を作ってみました。
パイ生地を作るのは正直言って10年ぶり!?って言うくらい久々だったのですが、まあまあの出来だったかな。
パイ生地は難しいと言う人もいますが、難しいと言うよりは面倒なんだと思います。
何度も何度もしつこいくらいに折り重ねて伸ばすを繰り返せば幾重にも層になったパリパリのパイ生地になるんです。
まぁ私の場合は最初のバターをサイコロ状にして粉と混ぜてしまう方法の簡易パイ生地ですけど。
それでも何度も折り重ねて伸ばすを繰り返すと、それなりに層になったパイ生地に仕上がってくれて美味しいです。
また例えあまり層になってくれなかったとしても、味的には美味しいパイ生地になるのでOKです。
マクドナルドのアップルパイも層になっていませんが美味しいでしょ?
あんな感じになってしまっても全然良いんですよね。
今日もそれほど膨らんだわけではなかったですが、でも美味しく出来ました。
余った分は冷凍が出来るので、また今度リンゴを買って来て作るつもりです。

今日はアップルパイと一緒に噂のダイエット茶(飲むだけで痩せるお茶!?)を飲んでました。
糖分の塊と飲んでもダイエット効果はあるんでしょうかね?ww お金の無駄遣い!?ww

最近薬局がお休みの時は、この前のブログにも書きましたが、バレーボールのクラブチームの練習のお手伝いをしています。

 

小さな子供達が、一生懸命バレーボールに食らい付いていく姿は本当に感動してしまいました。

また、ちょっと見ないうちに直ぐ上達している子供たちにも、驚きを覚えました。

 

まぁ当然、最初だから、はっきりいって上手ではないのですが、ナンとか監督さんのいう事を聞いて、ボールを繋ごうという姿勢は、バレーボールだけではなく、この子達が大きくなって、様々な状況に、いい事も悪い事も直面していく時に役に立つんでしょうね!

 

このチームは女子がメインのチームなんですが、もう少しで男子チームが出きるくらい人数が集まりそうなんです!

頑張って欲しいですね!

このアーカイブについて

このページには、2013年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク