2012年5月アーカイブ

このところ、女性社会と言う言葉があるほどに、社会に置ける女性のポジションも高まって来ましたので、医師や弁護士の社会的地位のたかい職業にも女性は増加してきていますし、それは、薬剤師も同様で、女性のヤクザイシは年年増えているのです。
今現在もヤクザイシとして勤務している、ある女性の今までの実体験です。
其の女の人は幼いころから、親御さんがドクターであったので、自らも医師になるべく学習をし続けたといいます。
そのおかげで、学業成績もかなり優秀だったのですが、高校に入ると、思春期によくある事で両親の言うことに反抗したくなったそうで、異なった方向を模索し始めた時分に思いついたのが、ヤクザイシという職業でした。
当初は、親からは反対をうけましたが薬ざい師の事を学ぶ程に、薬剤師の業務にやりがいを感じたので、最終的には、ご両親も納得してくれたそうです。
その後、無事薬系大学に入って、進路を定める頃に差し掛かると、もっと薬学について学びたいと思うふうになって、大学院に進む事にしたのです。
大学院を卒業してからは、製薬系の会社で新しい薬の開発に関わりたいと希望していたのですが、どの製薬会社では雇って貰えず、人生で初の挫折を味わったといいます。
そののち、薬剤師のライセンスを取得し、現在では、製薬会社で、医薬情報担当者として業務についているそうで、きっかけがあるならば、病院の勤務の薬剤師に転業も考えているとのことです。


CROの募集先の見つけ方

このアーカイブについて

このページには、2012年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年4月です。

次のアーカイブは2012年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク